Azure DevopsPart-2を使用したオンプレミスでのSitecoreCI / CDの実装

投稿者:

これは、Azure DevopsPart-1を使用したオンプレミスでのSitecoreCI / CDの実装の続きです。

AzureでCDを構成しましょう

展開グループ
デプロイメントグループは、エージェントがそれぞれにインストールされているデプロイメントターゲットマシンの論理セットです。 展開グループは物理環境を表します。 たとえば、「Dev」、「Test」、「UAT」、「Production」などです。

事実上、展開グループは、エージェントプールのように、エージェントの単なる別のグループです。

パイプラインの下のデプロイメントグループをクリックし、環境のデプロイメントグループ名と説明を入力します。

1

必要な詳細を入力したら、[作成]をクリックすると、Windows PowerShellスクリプトが目的の環境で実行され、紺碧のdevopsがマシンと通信できるようになります。

3
注:「認証にスクリプトで個人用アクセストークンを使用する」というチェックボックスをオンにすると、スクリプトの実行時に同じように求められます。
  • PowerShellスクリプトをコピーする
  • 管理者としてWindowsPowerShellを開きます
  • スクリプトを貼り付けてEnterキーを押します
4

これで、展開グループ内のマシンを確認できるようになります。

5
それでは、リリースパイプラインの構成を始めましょう。
  1. パイプラインの下でリリースを開く
  2. [新しいリリースパイプライン]をクリックします6
  3. IISWebサイトの展開としてテンプレートを選択します

    7
  4. [アーティファクトの追加]をクリックします
  5. CDを作成するプロジェクトを選択します
  6. CIで作成するビルドブランチを選択します8
  7. 追加をクリックします。 これにより、アーティファクトが追加されます。
  8. このアーティファクトは、前のブログ(アーティファクトの公開)でCIを構成したときに開発されました。

それでは、仕事を追加しましょう–

1. ステージ1または1のジョブ、2つのタスクをクリックすると、次の画面が表示されます-

9
  • 芸名–ジョブ名、任意の名前を付けることができます
  • 構成タイプ– IISWebサイト
  • アクション–作成または更新
  • Webサイト名–IISでのWebサイト名

2. IIS展開をクリックすると、次の画面が表示されます-

10
  • 表示名–デプロイメントグループジョブの名前
  • 展開グループ–展開する必要がある以前に追加した展開グループを選択します。
  • アーティファクトのダウンロード–正常にビルドされたリポジトリを含むアーティファクト。

3. IIS Web App Manageをクリックすると、次の画面が表示されます-

11
  • 表示名–ステップ表示名(IISWebサイトの管理)
  • 物理パス–Webサイトのシステムパス
    例-%SystemDrive%\ inetpub \ wwwroot \ SitecoreDemo \ Website

4. IIS Web App Deployをクリックすると、次の画面が表示されます-

13
  • 表示名–ステップ表示名(IIS Webサイト/アプリの展開:)
  • パッケージまたはフォルダー-MSBuildまたは圧縮アーカイブファイルによって生成されたパッケージまたはフォルダーへのファイルパス。

ここでは、アーティファクトの公開ステップでCI用に作成したアーカイブファイルを選択する必要があります。
[…]をクリックしてフォルダを選択します–私はそれを「ドロップ」と名付けました。

14

フォルダを選択したら、パスの最後に「\ *。zip」を追加します。
これは、zipファイルに公開する必要のあるリポジトリが含まれているため、このフォルダーの下にあるzipファイルを検索することを意味します。

15

上記の手順が完了したら、[保存]をクリックし、[リリースの作成](右上)をクリックします。
実行を開始し、次のように段階的に進行状況を表示することを投稿します。

16

さあ、展開します–正常に展開されました。

継続的デプロイの場合:
リリースの編集に戻る
継続的デプロイのトリガーボタンをクリックして、同じものを有効にします。

17

だから、私と一緒にAzureクラウドでCDパイプラインを構成しておめでとうございます。

ハッピーコーディング! 😊

One comment

コメントを残す